お買い物方法

  このオンラインショップは、中村薬局が運営しております。  

送料は全て無料。

※お支払いは後払い、もしくは代金引換とさせて頂いております。

お支払いの手数料
コンビニでの後払い → 振込み手数料無料
郵便振替での後払い → 振込み手数料無料
銀行口座振込み → 振り込み手数料はお客様のご負担となります。
コレクト決済(代金引換)→コレクト手数料300円となります。
(税込み3万円以上お買上でコレクト手数料無料となります)


※初めて当店をご利用頂きますお客様で、1回のご購入金額が
3万円を超える場合は「コレクト(代金引換)」のみと
させて頂いております。(送料、手数料無料)
他のお支払い方法を選択頂きました場合でも自動的に
代引きとなります事をご了承下さい。


 

  お買い物の手順


□□商品をお選びください□□

商品のページの<カゴへ入れる>ボタンをクリックすることで、商品をお選びいただけます。

 1回のお買い物で、いくつ商品をお選びいただいても結構です。

現在のお買い物状況は「買い物かごの中を見る」ボタンで参照できます。



□□注文メールを送信してください□□

「お勘定へ進む」ボタンでお進み下さい。
 
表示された注文フォームをご記入ください。

「確認画面へ」ボタンで次へお進み頂き、
注文内容を確認してください。

[送信]ボタンをクリック頂くと注文の成立となります。
(送信される注文内容は、暗号化技術(SSL)によって保護されます。)

ご注文内容が電子メールで自動返信され、ショップ管理者宛にも送信されます。
注文内容の控えとしてご利用ください。


ご注文の完了となります
 


  翌日到着について



17時までの電話および買い物かごメールでのご注文はその日に発送、本州なら翌日到着します。
     一部地域(九州・沖縄や北海道)は翌々日に到着予定です。
     営業時間外に頂きましたご注文は翌営業日の発送となります。






  特定商取引法(通信販売業法)に基づく表示


販売業者
中村薬局 ( 医薬品販売業許可証番号:第A01387号 )
業務責任者
中村 哲 
    管理薬剤師 中村 陽子
所在地
〒632-0015
奈良県天理市三島町377-2
連絡先
TEL 0743-62-0083
FAX 0743-62-0066
商品価格その他
必要費用
全品送料無料、代金引換のみ300円の手数料が必要です。
代金の支払い時期及び方
代金引換または、後払い(コンビニ・銀行・郵便局)
商品等の引渡し時期
営業日の17時までのご注文は場合は原則として当日発送。
日曜日が定休日となっております。交通事情による遅れはご了承ください。

取り寄せ商品の場合、代理店、商社に在庫がある場合は、5日間前後。
万が一、在庫の無い場合はメールにてご連絡いたします。
返品
未開封の商品(未使用)のみ返品可(期間は商品到着後7日以内)です。
不良品等、当方の責による返品につきましては送料着払いにて当店宛に返送願います。


*お客様のご都合による返品の場合は、弊社宛ての送料のご負担をお願い致します。
弊社から商品を発送させていただいた場合の送料も、ご負担ください。
代引きでご購入されて、商品をお受け取りになられる前に返品された場合でも、返品のための送料は必要ですので、ご負担ください。(代引きでご購入時の返品は、運送業者から弊社に着払いで請求が来る為。)


NPロゴ

○このお支払方法の詳細
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」
「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。
発行から14日以内にお支払いをお願いします。

○ご注意
後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供する
NP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、
代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で5万円迄です。
詳細はバナーをクリックしてご確認下さい。

ご質問、ご不明点等ございましたら、上記連絡先までお問い合わせ下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

薬局の管理及び運営に関する事項

中村薬局

                 
許可の区分 薬局
開設許可証
記載事項
開設者氏名 中村 哲
薬局の名称 中村薬局
薬局の所在地 奈良県天理市三島町377-2
許可番号 第A01387号
有効期限 平成29年9月1日から平成35年8月31日まで
発行日 平成29年6月20日
所管自治体名 奈良県薬務課
管理薬剤師の氏名 中村 陽子
勤務する薬剤師の氏名及び担当業務 中村 陽子(医薬品販売、服薬指導、情報提供)
取り扱う要指導医薬品及び一般用医薬品の区分 要指導医薬品、第1類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品
勤務する者の名札等による
区別に関する説明
薬剤師:「薬剤師」の名札に白衣
登録販売者:「登録販売者」の名札に水色の白衣
その他の者:「所属部署」の名札に上記以外のユニフォーム(ポロシャツ、パーカー等)
営業時間
月〜土曜 9:00〜18:00(日祝定休)
営業時間外で相談できる時間 無し
営業時間外で医薬品の購入又は譲受けの申し込みを受理する時間 無し
相談時及び緊急時の電話番号その他連絡先 0743-62-0083
販売方法の概要 中村薬局通販 
店舗の写真および陳列の状況を示す写真

要指導医薬品、一般用医薬品販売制度に関する事項

要指導医薬品、一般用医薬品(第1類、第2類、指定第2類、第3類医薬品)、濫用薬の定義 要指導医薬品 次の@からCまでに掲げる医薬品(専ら動物のために使用されることが目的とされているものを除く。)のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものであり、かつ、その適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの。
@その製造販売の承認の申請に際して、新法第14条第8項第1号に該当するとされた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
Aその製造販売の承認の申請に際して@に掲げる医薬品と有効成分、分量、用法、用量、効能、効果等が同一性を有すると認められた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
B新法第44条第1項に規定する毒薬
C新法第44条第1項に規定する劇薬
一般用医薬品 医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの(要指導医薬品を除く)。
一般用医薬品は次の@からCまでのように区分される。
@第1類医薬品 その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうちその使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するもの及び、その製造販売の承認の申請に際して新法第14条第8項第1号に該当するとされた医薬品であって当該申請に係わる承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
A第2類医薬品 その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品(第1類医薬品を除く)であって厚生労働大臣が指定するもの。
B指定第2類医薬品 第2類医薬品のうち、特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの。
C第3類医薬品 第1類医薬品及び第2類医薬品以外の一般用医薬品。
濫用薬 濫用薬とは、新法の規定に基づき、濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する成分・品目(使用方法を誤ったり、連続して使用したりすることで、健康被害や依存性などが生じる恐れのある成分・品目)を含む医薬品のことを指します。
濫用薬に該当する医薬品は、行政指導に基づき販売制限を設定しております。制限を超えている等、適正な使用と薬剤師が判断出来ない場合には、販売をお断りさせて頂きます。
要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品の表示に関する解説 個々の医薬品については、下記のとおり表示されています。
医薬品のリスク区分ごとに、「要指導医薬品」「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品を(指定第2類医薬品といいます)については、2の文字を〇(丸枠)又は□(四角枠)で囲みます。
 医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。
また、直接の容器又は直接の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。
要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品の提供及び指導に関する解説 要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品にあっては、それぞれ情報提供の義務に差があります。また、対応する専門家も下記のように決まっています。
登録販売者とは、都道府県の試験に合格した一般用医薬品の販売を担う新たな専門家です。
医薬品のリスク分類 質問が無くても行う情報提供 相談があった場合の応答 対応する専門家
要指導医薬品 義務(対面) 義務 薬剤師
第1類医薬品 義務 義務 薬剤師
第2類医薬品 努力義務 義務 薬剤師または登録販売者
第3類医薬品 不要(新法上定めなし) 義務 薬剤師または登録販売者
指定第二類医薬品の禁忌の確認及び
専門家へ相談勧告
指定第二類医薬品について、禁忌事項の確認を促すための表示を行っています。 また、当該指定第2類医薬品の使用について薬剤師に相談することを勧める旨の表示を行っています。
要指導医薬品、一般用医薬品の陳列とサイト上の表示に関する解説 要指導医薬品は、要指導医薬品陳列区画(新構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画をいいます)に陳列しています。
第1類医薬品は、第1類医薬品陳列区画(新構造設備規則に規定する第1類医薬品陳列区画をいいます)に陳列しています。
指定第2類医薬品は、新構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列します。
第2類医薬品、第3類医薬品については、それぞれ区別して陳列棚に配置しています。また、その陳列棚にも表記をしています。
 なお、サイト上では商品名の最初に【第1類医薬品】、【指定第2類医薬品】、【第2類医薬品】、【第3類医薬品】とリスク区分を見やすく表示しています。
医薬品による健康被害の救済に関する
制度の解説
[医薬品被害救済制度]
医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。
救済の認定基準や手続きについては、下記にお問い合わせください。
独立行政法人医薬品医療機器総合機構
http://www.pmda.go.jp/index.html
救済制度相談窓口 0120-149-931
受付時間 9:00〜17:00
(月曜日〜金曜日 祝日年末年始除く)
個人情報の適正な取り扱いを確保するための措置

(1) 当社における個人情報のセキュリティ対策といたしましては、当社の業務上必要な者だけが利用できるようアクセス権を限定し、アクセス権限管理を実施しています。また、インターネットによるデータ伝送時のセキュリティのため、必要なWebページに業界標準の暗号化通信であるSSLを使用しております。オフラインでも、業務上必要な者だけに個人情報の利用を制限し、個人情報が含まれる媒体等の保管・管理等に関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じております。

一般用医薬品使用期限、その他

苦情相談窓口 (奈良県薬務課) 0742-27-8664
収集いたしました個人情報は、医薬品適正使用、健康に関する情報提供以外の目的では使用しません。
医薬品の正しい購入方法に努め、正しい使用方法を守って下さい。
医薬品の中に入っている「添付文書」は捨てないで、医薬品がある間は保管し、必要に応じて見られるようにして下さい。
一般用医薬品は、使用期限が最低1年以上ある製品のみ発送いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~